đŸ’›ã°ãƒŧã°đŸ’›

マã‚ĢãƒĒã‚Ēã‚šīŧ

äģŠæ—Ĩはä¸ģäēēぎ帰りが遅く1æ—ĨãŽãŠčŠąãŒã§ããĒいぎで掋åŋĩ。

でも、į§ãĢはこぎプナットフりãƒŧムがある。

čĒ°ãĢもčĻ‹ãĻもらえãĒいけお、それでいい。

ここでã‚ĸã‚ĻトプットするとãĒんかį™’される。

もしかしãĻ、äŊ•ã‹ã‚’書くãŖãĻã‚ģナピãƒŧįš„ãĒčĻį´ ãŒã‚ã‚‹īŧŸ

①ばãƒŧばぎäŧ‘ãŋはäģ•äē‹ã¨ãĒãŖたとさ。

➁あぎ頃ぎマãƒŦã‚š

â‘ĸčĻĒå­čĄŒ

①ばãƒŧばぎäŧ‘ãŋはäģ•äē‹ã¨ãĒãŖたとさ。

母がしばらくį§ãŸãĄãŽæ‰€ãĢæĨãĻ、

”お手äŧã„”をしãĻくれãĻいぞした。

おäģ•äē‹ãŽãŠäŧ‘ãŋをとãŖãĻワã‚ļワã‚ļæĨãĻくれたぎãĢ

ãƒĄã‚¤ãƒŗでåŽļäē‹ã‚’しãĻくれãĻ、しかもį§ãŽå¨˜ã¨ã„ã¨ã“ãĄã‚ƒã‚“ãŽãŠä¸–čŠąã‚‚įŠæĨĩįš„ãĢ。

もはや、äŧ‘ãŋじゃãĒくãĻ、äģ•äē‹ã§ã™ã€‚

æœŦäēēはå­ĢãŸãĄã¨éŽã”ã™ã“ã¨ãŒã§ãã‚‹ã“ã¨ãŒã‚‚ãŽã™ã”ãåŦ‰ã—いし、

į§ãŒæ™ŽæŽĩ頑åŧĩãŖãĻるから、少しはäŧ‘ãŋãĒさいãŖãĻ。

➁あぎ頃ぎマãƒŦã‚š

母ãŋたいãĒäēē間ãĢãĒりたくãĒいãŖãĻ思ãŖãĻいたテã‚Ŗãƒŧãƒŗぎ頃。

そぎ時ぎį§ãĢč¨€ã„ãŸã„ã€‚äģŠã€č‡Ē分が母čĻĒãĢãĒãŖたからæœŦ気で思うこと。

「あれは、愛からやãŖたんやで。」

反抗期だãŖたį§ã€‚

æ¯ãŒč¨€ã†ã“ã¨ãŒåŗからåˇĻãĢ抜けãĻいくではãĒく、å…ĨãŖãĻこãĒい。

äŊ•ä¸€ã¤į†č§ŖできãĒかãŖた、わかろうともしãĒかãŖたį§ã€‚

ãã‚Œã§ã‚‚ã€æ‡˛ã‚ŠãšãĢ、あんãĒãĢįœŸå‰ŖãĢ向き合おうとしãĻくれãĻいた母。

キãƒŖãƒĒã‚ĸã‚ĻãƒŧマãƒŗãĒ母。

おんだけ、åŋ™ã—くãĻも、į§ãŸãĄå…„åŧŸãŽã“ã¨ã‚’č€ƒãˆãĻくれãĻいた母。

そんãĒ母ãĢおんãĒã˛ãŠã„ã“ã¨ã‚’į§ãŒč¨€ãŖた全くčĻšãˆãĻãĒい。

けお、母は、そんãĒことはãĒかãŖたかぎようãĢäģŠã‚‚į§ã‚’支えãĻくれãĻいる。

čĻĒ子ãŖãĻį‰šåˆĨãĒé–ĸäŋ‚。

â‘ĸčĻĒå­čĄŒ

上äēŦしãĻ働きだしãĻから、čĻĒへぎ感čŦãŽæ°—æŒãĄãŒã„ãŖãąã„ãĢãĒり、

čĻĒãĢãĒãŖたäģŠã¯ããŽæ°—æŒãĄãŒåĸ—す一斚。

おéŖŸäē‹ãĢčĒ˜ãŖたり、čĒ•į”Ÿæ—ĨプãƒŦã‚ŧãƒŗトだぎãĒんだぎãŖãĻ贈ãŖãĻるけお

きãŖと、čĻĒå­čĄŒãŒã§ããŸã¨æ€ãˆã‚‹æ—ĨがくるãĒんãĻ思えãĒい気がしãĻきぞした。

それでいいんかãĒãŖãĻ思いぞす。

だãŖãĻį„Ąé™ãĢ感čŦã™ã‚‹æŠŸäŧšãŒã‚ã‚‹ãŖãĻことやし。

それくらい、čĻĒがしãĻきãĻくれたことは大きいやと思いぞす。

ありがとう。

Similar Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *